ウズベキスタンを訪れた人が驚くのが、ワインの美味しさと安さです。
実は、ウズベキスタンのワインはワイン発祥の地と言われているジョージアと同じ品種のサペラヴィという品種などを使用。辛口から甘口まで様々なワインが楽しめます。
実は、ウズベキスタンはシルクロードの要衝地。
中央アジアの乾いた気候が良質なブドウを育てます。ここ中央アジアはぶどうとワインの生産は数千年の歴史を持ち、品質の良さはヨーロッパでも認められていたようで、1800年代後半にはパリのワイン等博覧会で金メダルを授与されたという記録があります。

ウズベキスタンのワイン畑は夏期を中心に作られます。この季節は高温・乾燥が連続するために、害虫や雑草が少なく、農薬や除草剤がほとんど必要なく、高糖度のブドウが収穫されます。ここで生産される主な品種は、リースリングやカベルネ・ソービヨンと、日本でも有名なものや、赤ワイン用のサペラビ、白ワインの用のルカステリ、クレディンスキー、バヤン・シャーレイ。他に中央アジアで多く栽培されるタイフィ、特に糖度が高いアリチアコです。


ウズベキスタンは紫紅色が濃く、フランスのボルドーやブルゴーニュさんワインに近い色合いです。
味は透明性、果実性を大切に作っています。
日本人が好む渋みは少ないかもしれません。 ウズベキスタンワインにご興味のおありの方はご連絡をください。
ウズベキスタンワインを輸入したいとご希望の方は弊社までご連絡をくださいませ。
<



外務省

外務省 ラオス情勢レポート
ラオスVISIT

ラオス情報文化観光省
TYBM

TYBM


| TOP | 会社概要 | 再生可能エネルギー  | 木材輸入事業 |  資源開発 |   環境ビジネス  | インフラ整備 |  お問い合わせ |
| ウズベキスタン | 観光ビジネス | ワイン輸入 | 人材インバウンド |  愛日ウズベキスタン |

copyright(C)2019 Village Investment co,.ltd .All Rights Reserved.